保育士のスキルアップに最適なのは「チャイルドコーチングアドバイザー」の資格

「チャイルドコーチングアドバイザー」の資格は保育士のスキルアップに繋がる

子どもたちの心を理解し、自発的に行動できるようサポートするのが「チャイルドコーチングアドバイザー」の仕事です。

 

教育機関はもちろん、あらゆる場面で幅広く活用できる「チャイルドコーチングアドバイザー」について詳しくご紹介します。

 

1.コーチングとは?

「コーチング」という言葉を聞いたことがありますか?

 

持っている知識や技術を教えるティーチングとは違い、相手のやる気や能力、自主性を引き出すのが「コーチング」です。ティーチングがインプットなら、コーチングはアウトプット。持っている潜在能力や資質を引き出していくために問いかけていきます。その問いかけによって、今までなかった新しい考えが浮かんだり、気づきが出てきます。対象者の個性や可能性を引き出し、学習力を高める効果があると言われています。

 

2.チャイルドコーチングアドバイザーを取得する方法

チャイルドコーチングアドバイザーは、子どもたちの心を理解するために対話しながら自発的な成長をサポートします。

 

潜在能力を引き出すために子育てに関する知識はもちろん、傾聴スキルなど「カウンセリング」と「コーチング」技術を身につけなければいけません。

 

チャイルドコーチングアドバイザーの資格は、専門技術と知識を有することを証明するために創設されました。

 

資格を取得するには、一般財団法人 日本能力開発推進協会の認定講座を受講、カリキュラム修了後、試験を受験します。

 

4ヵ月の通信制で、料金は46,000円です。インターネットから申し込むと割引があります。通信制なので、仕事をしながら受講することができます。

 

3.幅広い分野で活かせる

チャイルドコーチングアドバイザーの資格を取得すると、保育所や幼稚園など教育機関はもちろん、学習塾やスポーツスクールなど幅広い分野で活かすことができます。また、子育てに関する専門家としてセミナーの講師として活躍することもできます。

 

カウンセリングスキルがあれば、子どもたちの心の声を聴くだけでなく、子育てに悩む保護者との対話にも役立つでしょう。

 

国家資格の次に取得する資格として注目されている「チャイルドコーチングアドバイザー」は、あなたの保育士のキャリアをさらに輝かせる強みとなります。