「保健児童ソーシャルワーカー」はどんな資格?

「保健児童ソーシャルワーカー」の資格でできること

いじめや虐待、不登校は、大きな社会問題になっています。

 

多様性を極め、日々変化する環境の中で問題を抱える子どもたちをサポートするのが「保健児童ソーシャルワーカー」の仕事です。

 

まずますニーズが高まる、この資格を詳しくご紹介します。

 

1.保健児童ソーシャルワーカーとは?

ネグレクトや虐待、いじめによる不登校など、社会状況の変化により、子どもを取り巻く環境は日々複雑になっています。

 

保健児童ソーシャルワーカーは医療、心理学、福祉などの専門知識で子どもたちや子育てに悩みを抱える保護者を支援する仕事です。

 

子どもが好きだからという気持ちだけで、複雑な心理状況や特別な環境にあって、心を閉ざした子どもをサポートすることはカンタンではありません。専門知識を学び、現場で活かしていくことが必要です。

 

直接、子どもたちや保護者に接しながらサポートを行うこともありますが、関連機関と連携を取りながら、支援を行うこともあります。

 

専門知識だけではなく、コミュニケーションスキル、協調性、臨機応変に対応できる柔軟性も求められます。

 

2.教育、医療など幅広い分野で活躍

保健児童ソーシャルワーカーは、学校や保育所などの教育機関が中心ですが、長期入院でメンタルが不安定になる小児病棟などの医療機関、乳児院や児童保護施設など幅広い分野で活躍しています。

 

保育所はもちろん、乳児院や児童保護施設では保健児童ソーシャルワーカーの資格以外に保育士の資格と経験が大いに役立つでしょう。

 

児童福祉の充実がさらに必要となっている今、こうした教育や医療機関だけではなく、福利関連の場でも必要とされる可能性は高まります。

 

保育士の方がキャリアアップのために取得することはプラスアルファの強みとなるでしょう。

 

3.資格を取得するには?

保健児童ソーシャルワーカーの資格を取得するには、認定機関である一般社団法人医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校に通学して講座を受講しなければいけません。

 

講座を受講できるのは保育士、幼稚園教諭、養護教諭の資格取得か認定機関の教育指定校卒業見込み者です。試験は11月と1月の年2回実施しています。受講費用や講座の時間、回数は各指定校によって異なります。

 

指定校は全国各地にあるので、興味のある方は近隣の指定校を探してみましょう。