保育士のキャリアアップに役立つオススメの資格「認定子育てアドバイザー」をご紹介

「認定子育てアドバイザー」の資格は保育士のキャリアアップに繋がる!

子どもの保育・教育だけではなく、保護者の子育ての相談にも乗るというのは、保育士の大切な仕事のひとつです。

 

このような、子育ての専門知識を身につける資格が、「認定子育てアドバイザー」です。

 

受講内容や料金、難易度についてご紹介します。

 

1.子育てアドバイザーに必要なスキルとは?

子どもに関心があることは大前提ですが、子育ての悩みを聞いたり、相談に乗るために必要なスキルが3つあります。

 

1.しっかりと人の話が聴ける

どんなことで悩んでいるのか、お子さんの様子はどうなのか、など傾聴力がないとこの仕事はできません。

 

2.物事を肯定的に受け入れること

それぞれの家庭環境、それぞれのお子さんの個性を肯定的に受け入れることが大切です。

 

3.言葉で優しい表現ができること

子育てで悩んでいるお母さんたちに厳しい言葉ではなく、優しい言葉でアドバイスをしなければいけません。

 

でも、もともと子育てに関心があったり、人の話を聞くことが好きな方であれば、専門知識や技術を学んで経験を積むことで、スキルを身につけていくことができます。

 

2.資格取得までの期間や受講方法

子育てアドバイザーの資格を取得するためには、日本子育てアドバイザー協会が実施する講座を受講しなければいけません。

 

講座は初級、中級、上級と3段階に分かれており、各級5~6回です。講座回数も多くなく、比較的短期間で終了できます。上級は受講終了後に適性検査と筆記試験の認定テストがあり、合格すれば、資格を取得することができます。

 

通学で受講する場合は、会場が東京と大阪のみですが、eラーニングの受講も可能です。

 

在職中の方で通学が難しい方や東京、大阪以外に在住の方はパソコンさえあれば、通信で空いた時間に勉強できます。

 

受講料金は、クラスによって異なりますが、通学が25,000円から40,000円、通信の場合は70,000円。

 

合格率は80~90%ですので、しっかりと講座を受講すれば、合格できるでしょう。

 

3.子育てアドバイザーの仕事

資格を取得すれば、保育士の方は今までのキャリアに付加価値がつき、より良い条件の職場環境への転職ができる可能性が高まります。

 

もちろん、現職中でも保護者の子育てに関する相談にのることができ、信頼度が高まります。保育士としての評価がぐっと高まるでしょう。

 

また、子育てに関するアドバイザーとして子育て相談や育児に関するカウンセリングをイベントなどで行うことができます。

 

保育士、カウンセラー、教育関連の仕事など、さらなる活躍フィールドを広げられます。