少人数保育のプロ!チャイルドマインダーの資格を取得する方法

チャイルドマインダーの資格を取得して少人数教育のプロになろう

0歳から12歳を対象に、きめ細やかな保育サービスを少人数に行う専門家である「チャイルドマインダー」は保育士や子ども好きの方が注目している資格です。
取得方法や受講料金など詳しくご紹介します。

 

1.そもそもチャイルドマインダーって?

保育士が集団保育のプロなら、「チャイルドマインダー」は少人数保育のプロといっていいでしょう。

 

チャイルドマインダーは70年以上の歴史があるイギリス発祥の専門資格です。イギリスでは国家職業資格ですが、日本では民間資格です。

 

ただ、少子化で保護者が1人の子どもにかける養育費用や時間はもちろん、思い入れも一層強くなっています。

 

そんな保護者の思いをプロの技術と知識できめ細やかな保育のカタチにしていくのがチャイルドマインダーです。

 

すでに保育士や看護師の資格がある方が取得すれば、プラスアルファのスキルになり、単独で取得してもベビーシッターや託児ルームなどの施設勤務、独立開業の可能性につながります。

 

2.通信、通学どちらでも受講できる

チャイルドマインダーの資格は、通学、通信のどちらでも受講することができます。通学の平均受講期間は約6ヵ月で、受講する学校によって異なりますが、仕事をしながら受講することができる曜日や時間帯になっています。

 

通学が難しい方は、通信での受講も可能です。通信の場合、終了の目安は3カ月から6カ月となります。資格は通学でも通信でも受講後の検定試験を受験し、取得できます。今の仕事を退職しなくても無理なく受講することができます。

 

すでに保育士や教員免許、看護師資格がある方は機関や料金が軽減されます。

 

これからますますニーズが高まる資格だけにプラスアルファのスキルとして取得しておいて損はありません。

 

3.認定団体の選び方

チャイルドマインダーの認定団体は複数あり、それぞれの団体によって料金や学習期間が異なります。

 

受講料金は20万円前後から団体によっては30万円を超える場合もあります。

 

通学、通信の受講方法や料金、受講期間などを総合的に判断して、状況に合わせてじっくり選びましょう。

 

仕事をしながら勉強するのは簡単なことではありません。通信でも通学でも長期間にわたって勉強しなければいけません。せっかく申し込んで受講しても途中で挫折してしまっては元も子もありません。

 

受講を修了し、検定試験が受験できるように計画的にがんばりましょう。