保育士が転職するなら持っておきたい資格5選

保育士に加えてあると良い資格

保育士の方が今よりも良い環境への転職を目指す時に
有利になる資格5選をご紹介します。

 

保育士資格はあって当たり前!
プラスアルファの資格を取って、
今よりもより良い環境への転職を目指しましょう。

 

資格1.チャイルドマインダー

集団保育を主とする国家資格の保育士に対して
チャイルドマインダー
「個」を対象とした民間資格で
少人数保育のスペシャリストでもあります。

 

団体の中で協調性を育成しながらも
ひとりひとりの個性を尊重し、
自立心を育てるノウハウはこれからの幼児教育に必要な知識です。

 

少人数保育のプロ!チャイルドマインダーの資格を取得する方法 

 

資格2.認定病児保育スペシャリスト

日本初の病児保育のプロである
「認定病児保育スペシャリスト」

 

この資格があれば、病児保育の場に活躍を広げることができます。

 

もちろん、保育所っでも大きな強みとなるでしょう。

 

保育士が取りたい資格「認定病児保育スペシャリスト」とは? 

 

資格3.認定子育てアドバイザー

子育て全般に関するアドバイスの専門家が「認定子育てアドバイザー」です。

 

この資格を取得することで、
子育てに悩む保護者の方にさまざまなアドバイスをすることができます。

 

子育て支援を行う保育園では必要不可欠な知識となるでしょう。

 

保育士としてのキャリアアップにつながることはもちろん、
キャリアを積んで、将来、子育てのカウンセラーとして独立することも可能です。

 

保育士のキャリアアップに役立つオススメの資格「認定子育てアドバイザー」 

 

資格4.保健児童ソーシャルワーカー

子供の心と身体の両面をサポートし、
児童福祉のスペシャリストが「保健児童ソーシャルワーカー」です。

 

心に問題を抱えるこどもは増加傾向にあり、
児童福祉の必要性は年々高まってきています。

 

こどもたちと向き合いながら問題解決をすることはもちろん、
子育ての悩む保護者の相談にのって
的確なアドバイスを行うことができます。

 

今、注目の資格!「保健児童ソーシャルワーカー」ってどんな資格? 

 

資格5.チャイルドコーチングアドバイザー

こどもの心のケアに関する専門知識と
カウンセリング技術を身につけるための資格が
「チャイルドコーチングアドバイザー」です。

 

「コーチング」とは対話をしながら、問題解決を行い、
潜在能力を引き出していく技術です。

 

「チャイルドコーチングアドバイザー」
カウンセリング技術とコーチング技術を駆使し、
こどもの心を癒します。

 

幼稚園や保育所などの教育現場で働く人が
国家資格の次に取得する資格として注目されています。

 

もちろん、保育士の資格と経験でも
求人ニーズは数多くあり、転職には苦労しません。

 

保育士のスキルアップに最適な資格!「チャイルドコーチングアドバイザー」 

 

しかし、より良い環境への転職を希望し、将来のことを考えるのであれば、
ぜひ、プラスアルファの資格取得を目指しましょう。