保育士になって良かったと感じる瞬間5選

保育士になって良かったと感じる瞬間がある

保育士不足は今や社会問題になっています。

 

「将来保育士になりたいと思っているけど、実際どうなんだろう」

 

「今から保育士になろうと思っているけど、もう一歩踏み出せない」

 

このように悩んでいませんか?

 

「保育士になって良かった瞬間」はありませんか?

現役男性保育士の立場から、「保育士になって良かったと感じる瞬間」をまとめてみました。

 

現在保育士になろうか悩んでいる方の参考になればと思います。

 

1.子どもたちとの出会い

 

まずは何と言ってもコレです。
保育士になれば誰もが「この子たちと出会えて良かった」と感じる瞬間があると思います。

 

もちろん、最初は大変です。
言うことなんか聞いてくれないことも多いですし、関わりが難しい子どももいます。

 

ただ、そういう子たちと少しずつ信頼関係を築いていけると、それはやりがいに変わります。

 

最初は話も聞いてくれない子どもが、いつの間にか自分にべったりで「せんせいだいすき!」と言ってくれた時なんかはとても嬉しいです。

 

私も経験上、どちらかというと最初は関わるのが大変だった子の方が、後々思い入れが強くなったりもしました。

 

そんな子どもたちとともに成長していき、いずれ卒園を見届けられた時には、これほど保育士になって良かったと感じることはないでしょう。

 

 

2.保護者に信頼された時

モンスターペアレントという言葉が一般的になり「保護者対応が大変」というイメージが強くなってしまっているかも知れないです。

 

しかしモンスターペアレントはごくごく一部に過ぎません。

 

それでも保護者対応が大変なのは間違いないです。
親の立場からしたら、大事な我が子を預けているわけですから、多少神経質にはなってしまうのも仕方ないでしょう。

 

そういう意味では、最初は「この先生で大丈夫だろうか?」という目で見られるのは確かです。

 

ですが、自分の頑張り次第で保護者からの評価も変わってきます。

 

「いつもありがとうございます!」

 

「うちの子は先生のことが大好きで!」

 

そう言ってもらえた時には今までの苦労が報われた気分になります。

 

保護者との信頼関係を築けたときも、子どもたちとはまた違った喜びを感じられます。

 

 

3.クラスを上手く動かすことができた時

保育園とは、子どもにとっての初めての集団生活と言えます。

 

いくら一人の子どもと上手く関われても、クラス全体を動かせるようにならないと意味がありません。

 

ですが、これがなかなか難しいのです。

 

最初は日中の活動がぐちゃぐちゃになってしまい、組んでいる先生に助けてもらうことも多いです。
とはいえ、保育士の立場として子ども達をまとめられるようになるためには、繰り返しやっていくしかありません。

 

子ども一人ひとりとの信頼関係を作っていき、前日の準備を綿密に行い、それでも失敗して…。
この繰り返しです。

 

しかし、慣れてくれば、必ず少しずつできるようになってきます。
一日の保育の流れを上手く回せた時、かなりの達成感と自信になります。

 

 

4.先輩や上司に褒められた時

「保育園って職員の人間関係がどうなの?」

 

そう思っている方もいるかと思います。

 

これは正直「保育園による」としか言いようがありません。

 

良いところと悪いところがあります。

 

ただ、できないところを指導してくれていることに対して、感じが悪いと捉えてはいけません。

 

最初はできなくて当たり前です。
怒られることもあるでしょう。

 

それに対して「聞く態度はできているか」「教わろうとしているか」というのは自分と先輩や上司との人間関係に大きく影響します。

 

自分がきちんとした態度でいれば、人間関係については変わることもあるのです。
いずれ褒められることも増えてくるでしょう。

 

その時にようやく、「厳しかったけど嬉しい」「自分もできるようになったんだ」と感じることができるのです。

 

 

5.難しい仕事を任せられるようになった時

最初に与えられる仕事は小さくても、経験を重ね認められると大きな仕事も回ってくるようになります。

 

例えばリーダーとしてクラス担任を任されるようになったり、行事のリーダーを任されたりしてきます。

 

これらの仕事は決してラクではありません。
しかし任されたということは実力を認められたことでもあります。

 

そしてできた時、無事終えた時の達成感はものすごいものがあります。

 

仕事を任されるということも、保育士になって良かったと感じる瞬間です。

 

 

まとめ

 

  • 子どもたちとの出会いが何と言っても保育士になって良かったと感じること!

 

  • 保護者との信頼関係を築けると嬉しい!

 

  • クラスを一日上手く回せると達成感を味わえる!

 

  • 先輩や上司に褒められると自信につながる!

 

  • 大きな仕事を任されるようになったということは、信頼されているということ!

オススメサイトは「保育ひろば」!まずは口コミから