保育士が別の保育園に転職することのメリット

保育士が転職することのメリット

保育士が転職するということは、それなりの理由があるかと思います。

 

  • 職場の人間関係が悪くて
  • 園のやり方が合わない
  • 契約満了で更新してくれない

 

…など、ネガティブな理由が多いかと思います。

 

確かに面倒を見てきた子どもたちもいるわけですし、今勤めている保育園を続けられるのであれば、それは良いことと言えるでしょう。

 

「保育士の転職」のメリット

ネガティブな理由が浮かびやすいのは分かります。

 

だからこそ、現状を変えたいという思いに繋がっているわけですから。

 

ですが、モノは考えようです。

 

ネガティブな理由を排除して、結果的に良い環境を求めているのですよね?
となると、転職の理由としてはポジティブであるという考え方もできるわけです。

 

ここではネガティブになりがちな「保育士の転職」のメリットを考えていってみましょう。

 

メリット1.新たな子どもたちとの出会いがある

まずは子どもたちとの出会いが考えられます。

 

保育士といえば、やはり子どもたちからやりがいをもらう仕事でしょう。

 

転職するということは、今勤めている保育園の子どもたちとの別れを意味します。

 

逆に言えば、新たな出会いがあるということでもあります。

 

新たな出会いが、もしかしたら一番思い入れのある子どもたちになるかも知れません。

 

「子どもたちとの出会い」は前向きなものと考えることができるはずです。

 

メリット2.人間関係を全てリセットできる

保育士の仕事で大変なことと言えば人間関係です。

 

中でも職員間の人間関係は、複雑なことも多いです。

 

いじめ、パワハラ、陰口…。そこまでいかなくてもギスギスした雰囲気があるところが多いというのが、残念ながら現実です。

 

そんな人間関係のしがらみを解消する方法が転職です。

 

もちろん、また1から人間関係を築くことは楽な作業ではないですし、転職した先の人間関係が必ずしも良好とは限りません。

 

しかし今現在人間関係で悩んでいる人には、そのまま悩み続けるよりは別の保育園に転職してみた方が、今よりは良くなる可能性があると言えます。

 

また新たな職場に行くことで、尊敬できるような園長や保育士に出会える可能性もあります。

 

メリット3.給料が上がる可能性がある

保育士が別の保育園に転職するということは、全てイチからやり直しになるということではありません。

 

転職の際、給料に関しては経験を考慮してくれるというところが多いです。

 

自分の経験が給料にそのまま反映されるということはモチベーションにもつながるでしょう。
場合によっては今までより給料が上がるという可能性もあります。

 

お金のために保育士になったという人は少ないでしょうが、給料が高くて嬉しくないわけはありません。

 

お金に関することも、転職することのメリットと言えるでしょう。

 

自分の力を発揮できる保育園に出会える可能性がある

転職を考えている保育士さんの多くは、総じて「自分の力を発揮しきれていない」と感じているのではないでしょうか?

 

保育園ごとにやり方や考え方があり、保育士はそれに沿って保育を行うことになります。

 

そこで「こうした方がいいのに」、「自分はこう考えているのに」と疑問に思ってしまうこともあるでしょう。

 

そして積み重なると苦しくなり、ついには「やりづらい」と感じてしまうのです。

 

転職するということは、違うやり方、考え方の保育園に行くということです。
言い換えれば「自分の考え方に合っている保育園」が見つかるかも知れないということです。

 

同じ保育士として勤めるとしても、保育園によりやり方、考え方は千差万別。
今勤めている保育園が全てと考えない方が良いでしょう。

 

別の保育園に転職するメリット

保育士の転職にはメリットもいっぱい!

  • 新たな子どもたちとの出会い!
  • 人間関係をリセット!
  • 経験に応じた給料がもらえる!
  • 自分に合う保育園が見つかることも!

「ほいく畑」の口コミ 
別の保育園に転職するメリットを求めるのであれば、「ほいく畑」の活用を検討してみるのもアリです。
登録後に電話がかかってきますが、これは担当さんからの電話なので怖がらずに、むしろ頼るべき相手なので安心です。